北海道旅行での服装について

北海道と聞くと寒い地域のイメージですが、夏場はどうなのでしょうか?
暑いのか?それともやっぱり寒いのか?
これから夏の旅行先として北海道へ出かける皆さんへ、夏場の北海道の気温や服装、注意して欲しい事について紹介していきたいと思います。

夏の北海道の気温について

夏の北海道の気温の平均は20度〜25度位と中々涼しく過ごせる気温です。
レンタカーで観光をすれば自然の風を感じながら楽しくドライブ出来ますね。
お昼の時間帯は半ズボン&半袖でも構いませんが、天気によって気温が一気に下がる事もあるので、パーカーなどを持参しておくと良いでしょう。
また、道東・道北は気温が低い地域の上に温度差もあるので注意が必要です。

朝や夜の気温はどの位?

北海道は8月の時期でも夜は気温が下がるので長袖を着て寝る方が無難です。
また、朝方も同様に気温は下がったままですので、タオルケットなどではなく布団で寝る方が良いでしょう。
夏場であっても北海道は朝・夜はぐっと気温が下がるので注意が必要です。

自然の多い所での服装

北海道は自然の多い地域ですので、夏は虫がとても沢山います。
蜂には特に気を付けて頂きたいので、黒っぽい服装・帽子の着用は避けましょう。
そして、森の中での服装も虫に刺されたり、枝などで怪我をしないためにも長袖・長ズボンがベストな服装です。
そして、長ズボンはジーンズではなく万が一濡れた時にも直ぐ乾くように化繊タイプのパンツを選びましょう。

夏の北海道の服装についてのまとめ

北海道は夏とはいえ、都心などと比較すると気温は全く違うので、旅行先では必ず天気予報で一日の天気・気温を確認して、服装を考えてお出かけしましょう。
また、必ず予備のパーカーなどは持参して、快適に楽しい北海道旅行にしましょう!

関連する記事